施術ビフォーアフター TINAちゃん 推定年齢8歳

3月の施術ビフォーアフターです。
前回アップさせて頂いたKOKOちゃんの姉妹さん

もと保護犬ちゃんで、預かりをしていた飼い主様にそのままお迎えして頂いたラッキーガールちゃんです。
保護時より背骨の横の湾曲があり、歩くと時々左にくるくる旋回してしまいます。
左後ろ脚の状態が悪く、少し前より踏ん張りが効かず旋回しながらどすんと尻もちをついてしまうことも増えていたそうです。
少しでも楽に動けるようにしてあげたいとのお気持ちで施術申し込みがありました。

Before画像では骨盤が下がり脊椎が腹屈気味、肩甲骨は立ち気味で首後ろが盛り上がっています。
後ろ脚の着地位置が前に出ていて前後の脚の間隔が狭い状態です。
実は脊椎の横の湾曲や腹屈は脊椎回りの筋肉のみの影響ではなく、四肢の筋肉バランスが大きく影響していることが多い為、施術では脊椎回りのみをほぐすというより四肢も含め全体のバランスを整えます。
TINAちゃんは肩甲骨回り、後ろ脚もも裏側にかなりの大きな凝り、あまりうまく使えていない左側は膝裏の筋肉が右より痩せていて少し筋っぽく感じる状態でした。
あと、左側上腕頭筋(後頭部と顎近辺2か所から始まり肩のすぐ下で終わる)にかなりの凝りがあり、お話を伺うと普段はその部分を触ると怒って噛むことがありますとのこと。
揉んで緩める間は気持ち良いのか嫌がることはなく触らせてくれたのでしっかりほぐしました。

施術後は腰の位置があがり、肩甲骨部分の盛り上がりも解消され
後肢も膝が伸び、前後の脚の間隔が広がっています。
歩いてもらった時の飼い主様の最初のお声が「足が長くなった」でした
もちろん実際は足の長さは変わっていませんが・・・
ちゃんと伸びた事で長くなってみえるのです。

TINAちゃんの脊椎の湾曲は季節の変わり目や気圧の変化にも少なからず影響を受けてしまうとかかりつけ医さんから言われたそうです。四肢の先が麻痺している時もあり、痛みは感じていない状態だそうです。なので痛くないので歩いていますが、麻痺している部分はうまく使えず、結果転んでしまったりしているとのこと。
だからといって動かしにくい側をそのまま動かさずにいると更に歩行時に問題が出てきてしまいます。
飼い主さまはちゃんとそこをご理解されていて、施術後すぐに月一回の定期的な施術をご希望されました。
が、4月からの外出自粛などの影響で初回以降がお伺いできない状態となってしまい大変申し訳なかったです。
6月はサロンでの施術をご予約いただいています。

施術の間隔はその子その子によって違います。
例えばKOKOちゃんTINAちゃん姉妹の場合、KOKOちゃんは少し間隔を空けても大丈夫だと思いますが、TINAちゃんは定期的に施術をした方が良いと考えます。当然のことながら状態も違うので間隔もぞれぞれ違ってきます。

Bluebellでは初回施術後は基本2週間は様子を見て頂いていますが、次回以降をご希望される方にはわんちゃんの状態をお教えいただその子その子に合わせたスケジュールを組ませて頂いています。


整体はぜひわんちゃんの体のメンテナンスの一つとして不定期ではあっても長く続けて受けて頂けたらなと心から願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です