トイプードル チェリーちゃん 4歳

11/5 CafePecoさんでの整体&温灸イベントで施術させて頂いた
看板犬チェリーちゃん。

チェリーちゃんは右前肢のひじ関節が発育不良の為、前肢の左右の長さが少し違います。
後肢は左右共にパテラあり。ヒアリングでは少しグレードも進んだ状態とのこと。

施術時、前肢に関しては左側が少し可動域が狭い。前引、後引共に。
肩甲骨上(棘上筋)、上腕頭筋に強く凝りあり。触られるのを嫌がる。
左側の方が少し前肢が長いため、肩関節から上腕を常に少し外に開き気味にするため少し外に湾曲。手首から先は外に開いた状態。

施術前:左前肢を外側に広げてバランスをとるため、
真上から見ると肩甲骨から肋骨にかけて左に背骨が湾曲
施術後:左側棘上筋の凝りを解消。左右均等に見える。
後肢は左右パテラとの診断を受けているとのこと。
右寄り左が外れやすい状況。
膝関節は左右ともに伸展が難しい状態。
モモ裏の凝りと膝裏の凝りをメインにほぐし、施術後は膝も伸び
腰の腹屈も改善され腰の位置もあがりました。

前肢の長さのアンバランスは整体で変える事はできないので、時間とともに元に戻ってはしまうでしょうが、背中の湾曲がずっと続くことは良いとは言えないので時々の調整でまっすぐに戻してあげる事は大事だと考えます。
後肢に関しては、かなり腰を振って膝を曲げすに歩いていたので、少しずつ膝を曲げて歩けるようになってくれば膝周辺の筋肉もしっかりしてくる為、膝蓋骨脱臼をある程度防ぐ、グレードの進行を遅くする(止める)事が出来るのではないかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です